アフターコロナの営業

未分類

2022年6月あたりから、フリフリチキンのご注文や問い合わせを毎日のようにいただくようになりました。後ろ髪を引かれる思いですが、フリフリチキンの販売は、やめようと思っています。とても残念な気持ちです。

そんな気持ちになるのにやめる理由は、いくつもあります。その中で一番のおおきな理由は、「まだまだ通常営業」ができるとは思えない、見通しが立たないということです。

フリフリチキンはチキン一羽丸ごとを秘伝の味付けをし、開いて炭火で焼くのですが、「丸鳥」は日本ではクリスマスしか食べることがほぼないためそもそも入手が困難。それをお店で毎日使うとなると、ある程度決まった量をコンスタントに生産し(育てていただいて)処理をして、配達していただくという一連の流れを継続することが重要になってきます。今日は営業できるけど明日はできない、10日間は営業できないなど、ある程度計画的に進められないとなると、大きく無駄もでるし、もちろんその分大きく赤字になるのです。生き物の命をいただいているのですから、命を無駄にはしたくないです。冷凍保存もダメです。これが一番の理由です。

2番目に大きな理由は、フリフリチキンを作らずにいつできるのか、いつ落ち着くのかと、一日千秋の思いで待っている間に、わたし年を重ね、技術と体力の衰えを感じはじめました。毎日同じ作業を続けていたら、5年後も10年後もできたかもしれませんが、長期間に及び休んでしまったら、また同じものが作れるのか、、、その不安があります。フリフリチキンはハワイでも屈強な男性が焼いているようにとても体力がいります。

そのような理由で、2011年秋から皆様に愛していただいたチキンキング神戸の「フリフリチキン」は感染症まん延パンデミックに完敗ということになりました。※待っているこの2年間に新たな出会い、経験!発見!もありました!!だから。。。。

もう待ち続けられない、これからは、気分新たに!『貸切』で安心して仲間と楽しめる店舗を目指し、運営していきます。応援してくださいね!!一緒に楽しみましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました